織物

世代を超えて受け継がれる沖縄の織・染物。
その丁寧な手仕事は、
今でも多くの人々を魅了し続けています。

島の暮らしに密着していた織物は、
沖縄独自の伝統技術や
技法が取り入れられており、
今でも機械ではなく
手織りによって生み出されています。

沖縄の代表的な織物といえば
「芭蕉布」や「首里織」「八重山ミンサー」
「宮古上布」「喜如嘉の芭蕉布」など。

希少価値で高価なため
「いつかこの袖に腕を通してみたい」と
憧れる人も多いです。